高血圧症
血圧とは、心臓から送り出された血液が血管の壁を押す力(圧力)を指し、心臓から出る血液量(心拍出量)と血管の硬さ(末梢血管抵抗)で決まります。また、血圧は自律神経、腎機能、塩分摂取量、外気温、生活環境の変化(ストレス、寝不足、過度な緊張)に影響されます。
高血圧症自体は、一般的には症状はありませんが、時に頭痛や肩こりの原因になります。他の生活習慣病と同様に、長期に及べば動脈硬化性疾患の発症リスクが高まります。厚生労働省発表の「人口動態統計の概況」によると、高血圧性疾患(高血圧性心疾患および心腎疾患、脳血管疾患)の死亡者数は年間約1万人弱(2017年)とされ、脳心血管死亡者のうち、原因として最大です。
高血圧症

診断

血圧は一般的には、120/80mmHg(収縮期血圧/拡張期血圧)前後で、正常値は、140/90mmHg未満(家庭血圧値:135/85mmHg未満)になります。収縮期血圧もしくは拡張期血圧のどちらか、あるいは両者が正常値を超えたときに、高血圧症と診断されます。
多くが本態性高血圧症(普通の高血圧症)ですが、中には二次性高血圧症といって、原疾患の治療により根治が目指せる高血圧症もあります。二次性高血圧症には、腎血管性高血圧(腎動脈の狭窄)、ホルモン異常(原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、甲状腺機能異常などがあり、初期の鑑別が重要となります。当クリニックでも初診時に年齢不相応の高血圧症あるいは血圧著明高値を認めた場合、二次性高血圧症の原因精査を行います。
血圧 = 心拍出量(拍出量×心拍数)×  末梢血管抵抗
心拍出量・・・心臓から出る血液量
末梢血管抵抗・・・血管の硬さ

治療

まずは、血圧を正しく評価することが重要です。今までの臨床研究から、測定した血圧の信頼性や心血管イベントのリスクは診察室血圧よりも家庭血圧の方が密接に関連していることが報告されています。そこで、当クリニックでも診察室で測定する「診察室血圧」よりも家庭で測定する「家庭血圧」を重視して、診療しますので、高血圧症の診療においては、日々自宅で測定した血圧表を持参して頂く方針としています。
【家庭血圧の目安】
  血圧(未満)
若年、中年、前期高齢者 125/75
後期高齢者 135/85
糖尿病 125/75
慢性腎臓病(蛋白陽性)
脳血管障害
冠動脈疾患

生活習慣の改善

食事療法、運動療法(20~30分以上/回の有酸素運動)、減塩(6~7g未満/日)が効果的です。 塩分は、意外と落とし穴が多いので、減塩パンフレットを見ながら、日々の生活習慣を振り返りましょう。減塩目標である6~7g未満/日は、複数の食品を組み合わせると、1~2食分でもあっという間に基準外の塩分量になります。
例)ラーメン6g、梅干し2g、食パン+バター1g、ロースハム(30g)0.8g。

薬物療法

血圧の程度や他疾患合併の有無によりますが、1~3ヵ月間、生活習慣の改善を行っても血圧コントロールが困難な場合は、投薬が必要となります。高リスク(糖尿病、尿蛋白を伴う慢性腎臓病など)の方の場合は、早期の投薬が推奨されています。
【降圧目標の目安】
  診察室血圧(mmHg) 家庭血圧(mmHg)
75歳未満の成人
脳血管障害(両側頸動脈狭窄や脳主幹動脈閉塞なし)
冠動脈疾患
慢性腎臓病(尿蛋白陽性)
糖尿病
抗体血栓薬服薬中
<130/80 <125/75
75歳以上の高齢者
脳血管障害(両側頸動脈狭窄や脳主幹動脈閉塞あり、または未評価)
慢性腎臓病(尿蛋白陰性)
<140/90 <135/85