肥満症(メタボリックシンドローム)
私たちの祖先は過酷な環境下で生き抜き、長く飢餓と戦ってきました。そのため狩猟が成功し食料にありつけた際に、効率よくエネルギーを蓄積していくよう体質を変化させて来ました。いわゆる「省エネ体質」を獲得したわけですが、現代は飽食と運動不足が問題になるような時代です。皮肉なことに、先祖が長年かけて獲得した「省エネ体質」は、現代において肥満症を発症する基盤になっています。
日本では肥満は、BMI (body mass index)= 体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)という、体格指数が25以上のものとされています。
さらに糖代謝異常・高血圧症・脂質異常症などの健康障害を伴う場合や伴わない場合でも内臓脂肪が蓄積(ウエスト周囲長;男性85cm、女性90cm以上)した状態では、「肥満症」と診断でき、医学的に減量が必要とされています。
肥満

肥満に関する健康被害

  • 耐糖能異常、糖尿病
  • 脂質異常症
  • 高血圧症
  • 高尿酸血症
  • 冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症)
  • 脳梗塞
  • 脂肪肝
  • 月経異常
  • 肥満関連腎臓病
  • 整形外科的疾患(変形性関節症、腰痛症)
  • 睡眠時無呼吸症候群

分類

肥満症の分類として、原発性肥満(世間一般で言う肥満)と二次性肥満(病気が原因で発症)があります。二次性肥満は内分泌疾患、遺伝疾患、薬剤などを背景とした肥満ですので、原因を特定することが重要で、病気の種類によっては原疾患の治療により改善が見込めます。

治療

前述の通り、二次性肥満であれば、各疾患に準じた治療が必要です。それ以外の肥満症(原発性肥満)の治療には、「食事・運動療法」「薬物療法」「手術療法」があります。過度な減量はリバウンドの原因となります。体重3~5%の減量(例:80kgならば、約2.5~4kg)にて糖・脂質代謝、肝機能障害などが改善するとされています。
当クリニックでは初診時に、問診にてライフスタイルをお伺いし、身長/体重測定・体組成(筋肉量と脂肪量の評価)検査・採血検査などを行い、治療方針を決定します。2次性肥満が疑われ、さらなる精査が必要であれば、高次機能病院へ紹介します。

食事療法、運動療法

治療の中心は、食事療法と運動療法で、補助として薬物療法を用います。食事と体重の記録を行いながら、3~6ヶ月の間で体重の3~5%減を目指します。ライフスタイルを大きく崩さず、無理のない食事と運動療法を提案させて頂きます。また1日3食のうち1食分をフォーミュラ食(※)に置換える方法も減量に有効とされていますので、患者さんの病態を考慮して検討します。
※フォーミュラ食:エネルギー源である糖質・脂質を極力少なくし、必要十分量のたんぱく質・ミネラル・ビタミンを含む規定食のこと。
1食が200kcal以下(1日の成人摂取量の1/3量)、蛋白質を20g程度含み、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を必要量含む。

薬物療法

薬物療法に関しては、BMI35以上の高度肥満であれば、マジンドール(3ヶ月以上の長期処方はできません)の服用を検討します。当クリニックは、漢方診療を専門に行っていますので、保険診療の範囲内で、体質にあった漢方薬を提案させて頂き、効率的で健康的な身体づくりをサポートします。原発性肥満症であり、6ヵ月以上の内科的治療を行ったにも関わらず、治療効果の乏しいBMI35以上の高度肥満やBMI32以上でも糖尿病か、またそれ以外の2つ以上の合併疾患を有する場合は、手術療法も考慮されます。